top of page

人流分析が注目されている理由は?活用方法と課題を理解しよう


企業データベース

近年、スマートフォンの普及やAIの進化によってビックデータを活用しやすくなったことに伴って人流分析が注目を浴びています。人流分析とは、人の流れをデータ化した人流データを収集し、分析することです。人流分析により地域におけるターゲットの行動が可視化でき、それらをより効果の高い施策に利用することができます。


ここでは、人流分析に不可欠な人流データの概要や利用方法を確認したうえで、人流分析における課題とその課題を解決するための方法について紹介します。



人流データを活用したエリアマーケティングについては、従来のプロモーションの種類や課題を整理し、活用してできることや活用事例をまとめたE-bookをご用意しております。


※会社名、メールアドレス、ご担当者名など全6項目の入力でダウンロードが可能です。



 

人流分析に必要な人流データとは

 

人流分析において用いる「人流データ」とは、人の流れ(人流)、つまり人がどこからどう移動したのかをデータ化したものを指します。


人流データによって、以下のような事象を可視化することができます。


・特定の地点に、いつごろ(日時)どのくらいの人がいたのか

・施設内で人がどう移動(回遊)したのか

・特定の日時に人がどこからどこへ移動したのか(場所)、及びそのルートや交通手段

・特定の人が同じ場所にどのくらい滞留したのか、及びその累計時間


これらの人流データを分析することが人流分析です。


人流データの概要については「人流データとは?人の流れをビジネスやサービスにいかす」もご覧ください。



人流データが注目されている理由


人流データを収集して分析することによって人々の行動やニーズ、施策導入前後の行動の変化などを知ることができます。具体的には以下のような内容です。


自社店舗や競合店舗に訪れる顧客の数や属性

ターゲット層の多い地域

対象とする地域内でターゲット層が増える時間帯・曜日

ターゲットの居住・来訪する地域

ターゲット地域の交通量、主に利用される移動手段


また、昨今では以下に記載の理由で人流データがより利用しやすい状況になっています。


・スマートフォンが普及し、属性ごとの人流データを大量に取得できるようになった

・データの処理・保管など、人流データを扱うためのコストが下がった

・BI(ビジネスインテリジェンス)やAI(人工知能)が発達し、ごく一部の専門家でなくても人流分析ができるようになった



人流データを活用するメリット


人流データを活用するメリットは、精度の高さと情報の豊富さにあります。例えば、1人1台を保有するスマートフォンのデータを利用することにより、個人ごとにどこに移動したか、どのくらい滞在していたかなどの精度の高いデータを取得できます。また、各基地局やWi-Fi、GPSなどから情報を取得することにより、多くの人数からデータを取得できるため、豊富なデータを取得可能です。


これらのデータを活用すれば、マーケティング、都市計画、店舗立地などにおいて、十分なデータをもとにした緻密な分析が可能です。過去のデータとの比較や分析を行うこともできます。これらの分析に基づいて、データドリブン(データ駆動型)な意思決定や、経営・マーケティング戦略の策定が可能です。


また、人流データをジオターゲティング広告と組み合わせることで、より効果の高い広告配信ができます。




人流データの利用シーン


人流データは、次のようにさまざまな場面で活用できます。


■小売

商圏分析、競合分析、マーケティングや販促の最適化、出店の判断、混雑予測など


■交通

渋滞解消、経路の改善、道路の整備効果検証、新交通サービスの導入検討など


■観光

集客のための観光マーケティング、来訪者の行動分析、属性分析、観光ルートの開発、プロモーション施策の策定など


■都市開発

開発計画の策定、活性化の検討、通常時や緊急時の人流予測、施設の開業・改装、産業分析など


■防災

防災計画の策定、帰宅困難者数予測、災害時の影響度調査など

最近では、実店舗を持つ企業がマーケティングや販売促進に利用することが増えています。

さらに、人流データは単体ではなく、気象、地図、POSデータなど、ほかのデータと組み合わせることで、より精度の高い分析や幅広い利用が可能です。



人流データのさらなる活用については、「人流データの効果的な活用方法は? 活用事例や注意点も解説」をご覧ください。



 

人流データを利用する方法

 

人流データを利用する流れと、その課題を紹介します。


人流データを利用する流れ


1. どのようなデータが必要なのかを決定する

「何のために人流データが必要なのか」をもとに、どのようなデータが必要なのかを決定します。例えば、新規出店の判断を行うためには、「ターゲットエリアの人口および人口構成、属性(年齢・性別など)」「曜日別・時間帯別の人の数」「人がどこからどこに移動しているか」のようなデータが必要です。


2. データの取得方法や要件を決定する

データの取得方法を決定します。自社で取得するのか、第三者から購入するのか、自社で取得する場合にはどのような方法を使うのかなどです。またどのようなデータが必要なのか、取得要件についても事前に決定する必要があります。例えば、取得要件である人口や人口構成などについては自治体のオープンデータを利用し、時間帯別の人の数や人の移動パターン、利用する施設などの人流データについては外部の専門サービスを活用、のように使い分けます。

また、専門サービスを利用する場合は、「データだけでなくレポートまで対応してほしい」「分析できるソリューションも必要」といった要件も決定します。


3. データを取得する

要件に合わせてデータを取得する段階です。

オープンデータでは、必要なデータを参照します。外部の専門サービスからデータを取得する場合は、適切な粒度のデータを取得するようにします。例えば、「特定のエリアの大学に通っている学生に、アルバイトの求人広告を配信したい」のであれば、個々の大学生の年齢や性別・通学ルートなどが分かると、よりニーズに合った求人広告を配信できるでしょう。ただし、外部から入手したデータが適切に収集されたものであるか留意する必要があります。


4. データを分析する

取得したデータを目的に合わせて整形し、分析します。整形・分析においては、グラフや地図上に情報を表示するなど、視覚的に見やすいレポートの作成が求められます。データの視覚化によって内容への理解が深まるため、社内での意思疎通が円滑化します。共通認識を得られることで、施策の意思決定もスムーズに行いやすくなります。


5. データを適切に管理する

分析・利用したあとのデータの管理も重要です。人流データには個人情報が含まれるものも多いため、個人情報保護法に従って管理する必要があります。



 

人流データを利用する方法

 

人流データを利用する流れと、その課題を紹介します。


人流データを利用する流れ


1. どのようなデータが必要なのかを決定する

「何のために人流データが必要なのか」をもとに、どのようなデータが必要なのかを決定します。例えば、新規出店の判断を行うためには、「ターゲットエリアの人口および人口構成、属性(年齢・性別など)」「曜日別・時間帯別の人の数」「人がどこからどこに移動しているか」のようなデータが必要です。


2. データの取得方法や要件を決定する

データの取得方法を決定します。自社で取得するのか、第三者から購入するのか、自社で取得する場合にはどのような方法を使うのかなどです。またどのようなデータが必要なのか、取得要件についても事前に決定する必要があります。例えば、取得要件である人口や人口構成などについては自治体のオープンデータを利用し、時間帯別の人の数や人の移動パターン、利用する施設などの人流データについては外部の専門サービスを活用、のように使い分けます。

また、専門サービスを利用する場合は、「データだけでなくレポートまで対応してほしい」「分析できるソリューションも必要」といった要件も決定します。


3. データを取得する

要件に合わせてデータを取得する段階です。

オープンデータでは、必要なデータを参照します。外部の専門サービスからデータを取得する場合は、適切な粒度のデータを取得するようにします。例えば、「特定のエリアの大学に通っている学生に、アルバイトの求人広告を配信したい」のであれば、個々の大学生の年齢や性別・通学ルートなどが分かると、よりニーズに合った求人広告を配信できるでしょう。ただし、外部から入手したデータが適切に収集されたものであるか留意する必要があります。


4. データを分析する

取得したデータを目的に合わせて整形し、分析します。整形・分析においては、グラフや地図上に情報を表示するなど、視覚的に見やすいレポートの作成が求められます。データの視覚化によって内容への理解が深まるため、社内での意思疎通が円滑化します。共通認識を得られることで、施策の意思決定もスムーズに行いやすくなります。


5. データを適切に管理する

分析・利用したあとのデータの管理も重要です。人流データには個人情報が含まれるものも多いため、個人情報保護法に従って管理する必要があります。



 

人流データを利用する際の課題

 

人流データは従来よりも利用しやすくなりましたが、スムーズに利用するにはまだ課題があります。


データの取得・分析・利用にコストや手間がかかる

自社でデータの取得・分析を行うには、IoTデバイスの設置やデータの取得・保存・分析などが必要です。これには大きな手間やコストがかかります。


データを活用できる人材が限られている

以前よりはデータを扱いやすくなったとはいえ、データを活用するには一定の専門性とノウハウが必要です。人流データに関わるものには先進技術を利用したシステムも多いため、やはり先進技術を扱うスキルや専門的な知識が必要になる場合があります。このように専門性が求められるため、条件を備えた人材の確保は容易ではないでしょう。


効果検証に時間がかかる

人流データを利用したジオマーケティングは、効果を検証しながら目的達成に近づいていく方法です。短期的な効果も重要ですが、長期的な観測をすることで精度を上げることができます。特に、季節ごとの変化や地域開発などの要素も加味する場合は、年単位での観測が必要になります。


個人情報の保護には注意が必要

人流データには、住所や連絡先など多くの個人情報が含まれているものも多いです。個人情報が漏えいしないように十分注意し、セキュリティ対策も行わなければなりません。

これらの課題を解決するためには、データをどのように活用していくのかを明確にしたうえで、扱える人材やセキュリティ体制を確保することなどが必要です。

仮に環境整備が整わない状態で見切り発車してしまうと、施策がうまくいかないことや、情報漏えいが生じてしまうリスクが高まります。万が一情報漏えいが発生すれば、自社の信頼が大きく揺らいでしまうかもしれません。



 

人流分析なら人流DXソリューションがおすすめ

 

人流分析を行うなら、NTTタウンページの人流DXソリューションの利用がおすすめです。


人流DXソリューションとは


人流DXソリューションとは、緻密なエリア分析が可能なソリューションサービスです。NTTタウンページが保有する施設データと各提携先パートナーが保有する人流データを掛け合わせることで、目的に合わせたさまざまな人流データを取得し、分析できます。

人流分析をサポートする「分析コンサルティング」や、目的に合わせて必要なデータを取得して分析し、セグメント別に広告配信する「ジオターゲティング広告」も組み合わせてご利用いただけます。



人流DXソリューションの活用事例


福島県須賀川市では、少子高齢化の加速により高齢者の移動手段が確保できない、人口減少などにより近隣の店舗が減少して高齢者は買い物がしづらい、などの課題を抱えていました。

そこで、NTTタウンページの協力により人流データと消費分析などのデータを掛け合わせたことで、現状をより正確に把握できました。複数のデータにより、多角的な視点での検討ができています。


今後は、分析結果を用いてさらに具体的な施策案を作成、実行していく予定です。




 

人流データを活用してビジネスを成功させよう

 

人流データを利用することで、人の行動やニーズを具体的に把握し、さまざまな施策につなげることが可能です。例えば「いつ、どんな人が、どこから、どこの施設に立ち寄ったか」といった特定エリアにおけるユーザの行動が可視化できます。また、年代や属性別にデータを取得できるメリットもあります。


そのため、さまざまなシーンで活用できる人流データは多くの企業や自治体などから注目されています。特に実店舗を持つ企業では、人流データの活用は売り上げ向上に大きく貢献するでしょう。


しかし人流データを十分に活用するためには、いくつかの課題が残っています。必要なデータを取得するには手間とコストがかかり、分析には知識やノウハウが必要です。

そこで、NTTタウンページの人流DXソリューションをおすすめします。


NTTタウンページが保有する施設データ・企業情報データベースと各提携先パートナーが保有する人流データを掛け合わせ、興味・関心や傾向を把握することで、施策の精度向上にご活用いただけるソリューションです。さまざまなデータを掛け合わせることにより、マーケティングや営業の課題を解決に導きます。


お客様のビジネスに最適なソリューションを提供できますので、ご興味のある方はぜひ一度お問い合わせください。





2024年1月執筆



 
営業リスト資料

位置情報だけで絞り込めないターゲティングも可能/成果アップのためのデータの活かし方とは。


エリアマーケティングを成功に導く 人流データ・施設情報活用戦略とは




 

メールマガジンを配信しております!

「最新!日本全国ランキング ラーメン大好きNO.1は”10年不動”のあの県!」等タウンページデータベース統計情報をもとにした都道府県別業界ランキングや、ウェビナー開催のお知らせなどの最新情報をメールマガジンで配信しています。

 





データベースにご関心やお悩みがございましたら、

ぜひお気軽にお問い合わせください。



bottom of page