top of page

人流データとは?DX(デジタルトランスフォーメーション)との関係は?




 企業のマーケティングや競合分析、自治体の市街化計画や防災計画、観光計画などに人流データが利用されています。GPSなどで人の行動パターンを正確に把握できるようになったからです。人が行動する流れが分かるようになると、企業は人の流れに合わせた最適な人員配置やサービス提供を検討することができますし、市街化計画であれば整理区域の検討や商業施設の建設、防災対策の検討を適切に進めることが可能になります。


今回は、人流データの概要やDXを活用した利用シーンについて解説します。



 

人流データとは?

 

 人流データとは、人が行動する流れをデータ化したものを指しています。

人がいつ・どこに・どれくらい滞在しているのか、どこへ・どのように・どれくらいの時間をかけて移動しているかの人の流れ、つまり「人流」です。GPSやWiFiを通して得られた人流についての数値をデータとして蓄積したものが人流データになります。



人流データが注目されている理由


 人流データが注目されている理由は主に4つです。人の位置情報を正確かつ大量に得られるようになったこと、獲得した人流データを迅速かつ多方面から分析できるようになったこと、IT化でデータ取得が安価になったこと、人流データの活用事例が増えたことです。



位置情報を正確に得られる


 人の位置情報を正確かつ大量に得られるようになった要因としてはスマートフォンの普及があります。人々がGPSやWiFiを利用することで、大量の位置情報を精度の高い状態でいつでも取得できるようになりました。しかしながら、人流データにはプライバシーを考慮した精度の限界があることや、膨大な量のデータがあるため何でも利用すれば良いというものではないため取り扱いが難しい点、データの取得方法などによって精度にバラツキが生じるケースがあることには留意する必要はあります。



多方面から分析できる 


 獲得した人流データを多方面から分析できるようになった理由は分析技術の向上です。ITシステムの進歩やAIを導入した分析をおこなうことで、大量に得られた数値データを瞬時にグラフ化するなど分析が容易になりました。



データ取得が安価に


 データ取得が安価になった理由は、データ提供元でのサーバー構築等にかかる費用が抑えられるようになり、データ管理のコストが下がったことです。これにより一般企業や自治体に従来よりも安価に提供できるようになり、利用しやすくなりました。



活用事例が増える


 人流データの活用が増えた理由はコストダウンと実際に分析が成功した事例が出てきたことです。人流データを競合の商圏分析や自社の人員配置に利用し売り上げを伸ばしている民間企業や、人流データを利用した交通機関の整備や避難誘導の検証に利用する自治体が増えてきています。



 

人流データで分かること

 



 人流データで何が分かるようになるのかと、人流データでできることをご紹介します。


人の密度、移動動態、移動手段が分かる


 人流データではある時点のある場所での人口密度をグラフで確認することができます。

また、特定の地点にはどこから来たのか、そしてどこへ移動したのかとその時間、移動した際は何を手段(徒歩、車、公共交通機関など)としたのかなども分かるようになります。



人流データでできること


 人流データでできることとしては、民間企業なら各業界でのマーケティング施策への利用、自治体なら都市開発や交通機関整備への利用です。



民間企業


 民間企業であれば人流データに合わせた適切な人員配置による運営コストの最適化と人流に合わせたキャンペーン等での売り上げ向上施策等があげられます。

小売や飲食店であれば人流の把握こそが事業運営のカギになるはずです。

また、商業施設や文化施設であれば、人流に合わせた店舗や施設のレイアウトを検討することで、滞在時間を伸ばすことができるかもしれません。

製造業などでは工場内の人流を把握することで、流れが止まりやすい箇所の発見に繋がり、効率化への改善策を立てることも可能になります。

交通機関や物流業界においては、ユーザーの行動動態と自社の配車状況を適切にマッチングさせることで売り上げの向上に繋がります。

また、医療においてはより大きな目線での把握が必要になるでしょう。地域間・国家間の人流データを把握することで、感染状況の把握や研究に利用できます。



自治体


 自治体であれば、市街化都市計画や観光における交通整備、防災ルートの検討などが可能です。

都市計画であれば、道路の整備による人流の効果測定や商業施設を開業することで変化した人流動態の確認に利用できますし、観光においては、外国人観光客の周遊動態やイベント時の交通整備への対策などを検討するのに効果的です。

また、防災においては災害時の避難誘導や混雑状況の把握に利用できるでしょう。



 

人流データの種類

 

 

 分析に利用される人流データは主に3種類あります。


携帯電話基地局データ


 1つ目は、各携帯電話会社が全国に設置している基地局から取得できる人流データです。携帯電話の電源が入っている状態であれば常時データを取得することが可能です。ただし、基地局の設置間隔によりデータの精度が変化します。



GPSデータ


 2つ目は、スマートフォンの地図アプリなどから取得できる人流データです。ユーザーがアプリによる位置情報取得を了承することで情報が得られるようになり、基地局データよりも正確な位置情報の取得が可能です。ただし、地下やビル内などではインターネット環境の変化により精度が曖昧になることがあります。



WiFiアクセスデータ


 3つ目は、WiFiアクセスポイントから取得できる人流データです。GPSでは精度が落ちてしまう地下やビル内でも、設置されたWiFiに接続することで正確な位置情報を取得できるようになります。



 

「人流データ×DX」を活用した利用シーンとは

 



 人流データを有効的に利用するには、DX(デジタルトランスフォーメーション)との掛け合わせでの活用が求められます。DXとはデジタル技術の利用で人々の生活を豊かにする取り組みのことです。以下で人流データとDXを組み合わせた利用シーンをご紹介します。


人流データ✕DXの利用シーン


<広告や販売促進>

 細かいターゲティングをしたキャンペーンやイベント実施後の効果測定、人材募集の求人広告。


小売や外食産業

 競合店の商圏分析、人流動態を元に計測した売上予測で時間帯に合わせたキャンペーンや人員配置の検討。


観光調査

 観光来訪者の動態を地図に落とし込んでグラフ化、混雑状況に合わせた観光交通の整備。


<市街地域活性化計画>

 まちの人口動態に合わせた適切な交通網整備の検討、商業施設誘致後の人流動態の効果測定。「市街地域活性化計画の活用事例はこちら」


<防災計画>

 災害時の人流予測、人流データの混雑予測に元づく適切な避難経路の確保



 

まとめ

 

 IT技術の発達でより精度の高い人流データを集めることが可能になりました。人流データを多角的かつ有効的に利用することで、事業活動への貢献や公共事業の検討にも効果的であることが実証された事例が増えてきています。

人流データとDXを組み合わせることによって様々な業種でニーズに沿った分析やターゲティングが可能になります。今お悩みの事案も解決へ導くことができるかもしれません。

ターゲットを絞った効率的な営業活動や人材募集、競合店の商圏分析、観光調査や防災計画など幅広いシーンで効果的に利用できる人流データの活用をぜひご検討ください。




2023年1月執筆



 

人流データ・施設情報活用戦略についての資料もご用意しております。ぜひこちらも合わせてご覧ください。


エリアマーケティングを成功に導く  人流データ・施設情報活用戦略とは



 

地方自治体の課題解決に人流データを活用した解決事例を紹介しております。

ぜひご覧ください。


『解決事例CASE.3 人流データを活用して​街を活性化したい

 

メールマガジンを配信しております!

「最新!日本全国ランキング ラーメン大好きNO.1は”10年不動”のあの県!」等タウンページデータベース統計情報をもとにした都道府県別業界ランキングや、ウェビナー開催のお知らせなどの最新情報をメールマガジンで配信しています。

 

データベースにご関心やお悩みがございましたら、

ぜひお気軽にお問い合わせください。


bottom of page