データ収集にお困りの方必見!タウンページデータベースがお悩みをすべて解決


データ収集にお困りの方必見!タウンページデータベースがお悩みをすべて解決

ビジネスを展開するうえでもっとも重要かつ難しいのはデータ収集と分析です。データの収集方法がわからない、あるいはデータがあったとしてもどう使っていいかわからないと悩まれている経営者やマーケティング担当者は少なくありません。そこで、今回はデータ収集・分析のプロフェッショナルが、データ活用の必要性や課題を解決するための方法についてご提案します。



 

なぜデータ分析を行う必要があるのか?

 

そもそも「データをなぜ集めるのか?」「データをどう活かすか?」という目的がはっきりしていないと、せっかくデータを収集しても無駄になってしまいます。まずはデータ収集・分析の必要性について解説しましょう。


データ収集・分析の重要性


ビジネスの改善・成長のためには、常に「自社はどのような状況にあるのか?」「市場はどうなっているのか?」といった現状を把握することが大切です。もちろん肌感覚や経験で判断することも不可能ではありませんが、どうしても精度は劣ります。客観的なデータを用いることで、的確に改善・成長策を検討することが可能です。また、データを用いることで、物事をさまざまな角度から捉えることができ、新しいアイディアが生まれやすくなります。


特にデータ収集・分析が必須となるのは、マーケティングの分野です。市場の動向やトレンドを把握することで、効果的な宣伝・広報活動がしやすくなります。データによって効果測定を行うことで、PDCAサイクルを回しやすくなり、より高い集客効果が得られます。


近年ではよりデータ分析の重要性が高まっている


近年ではインターネットが普及し、集客の主戦場もネットに移りつつあります。2020年には日本におけるインターネット広告の総広告費が2兆円を突破し、テレビ広告を追い抜くまでになりました。


ネット広告の利点はターゲット(年齢、性別、職業、収入などの属性や行動履歴、興味関心など)を絞って配信できることです。逆に、ターゲティングができていないと十分に効果が得られないともいえます。


競合もデータにもとづいた戦略を立てているなか、勘や経験だけではなかなか太刀打ちできない状況となってきています。



 

データ収集・分析の課題

 
データ収集・分析の課題

データは、広告以外にもさまざまな場面で活用します。たとえば、新規出店計画や営業エリアを策定するためには、その地域にどんな人が住んでいるか?どのように人が行き来しているか?(人流)を分析する必要があります。またキャンペーンを実施する際には、「誰を対象にするか?」を明確にしなければなりません。商品・サービス開発もデータをもとにターゲットを決める必要があります。


データ収集・分析の悩み


データの重要性はわかっているけれど、収集方法に悩まれている方も少なくありません。「データの収集方法がわからない」「ネットを検索しても情報が多すぎてどのデータを使っていいかわからない」「データ量が少なすぎて使えない」といった声をよくお聞きします。


分析段階についても、「そもそもデータの分析の手法がわからない」「データを収集したはいいものの、どう使っていいかわからない」といった課題をお持ちの方は少なくありません。


データ収集・分析の課題を解決するために


収集したデータあるいは分析結果によって、戦略や方針は大きく変わってきます。たとえば、ある店舗で来店者数を平日の昼間に調査したところ、高齢者の利用が多かったというデータが得られましたが、1週間を通して再度調査を行ったところ、若者の来店のほうが多かったという結果が得られたとします。もしも前者のデータのみを使って高齢者向けの広告施策を行った場合、顧客のボリュームゾーンになる若者にはアプローチできないことになってしまいます。


正しく物事を判断するためには、信頼できるデータベースを活用して分析を行うことが大切です。しかし、特にデータ収集は手間がかかるため自社だけで行うのは容易ではありません。また、分析に関しても自分たちだけで考えていると、どうしても偏りや見誤りが出る可能性があります。


そこで、外部のサービスを利用されるのもひとつの手です。データ収集・分析の専門家に依頼すれば正確なデータが揃い、分析の手法についても提案を受けられ、新たな知見を得ることができます。



 

タウンページデータベースではこんなことができます!

 
タウンページデータベースではこんなことができます!

データでお困りごとがありましたら、タウンページデータベースをぜひご利用ください。タウンページデータベースの最大の強みは、タウンページデータベースが保有する全国815万件(2021年3月末現在)という圧倒的な情報量。さらに各種データは毎月1回更新しており、鮮度も非常に高いのが特徴です。


カスタマイズ性も高く、地域や業種を自由に選択でき、欲しいデータが手に入ります。NTTだからこその信頼性と安心感もタウンページデータベースの強みです。


データのご提供はもちろん、それを活用した以下のさまざまなサービスをご利用いただけます。


DM発送・インサイドセールス代行サービス


データの収集・ご提供からダイレクトメールの発送やテレマーケティングなどの販売促進業務をワンストップで代行いたします。DMに関してはJDMA(一般社団法人日本ダイレクトメール協会)の認定資格を保有したスタッフによる、開封率やレスポンス率向上のための施策もご提案できます。またインサイドセールスにおいては、トークスクリプトの作成からテレマーケティングまで、すべての工程を代行。データにもとづいた効率的な集客が可能となります。


データクレンジング


データは一定ではありません。1年の間でも何らかの変動があります。せっかくデータを収集しても、それに欠損や表記ゆれなどがあると十分に活用することができません。データクレンジングでは、データベースに保存されているデータの修正や削除、追加を行います。お客様が保有されている顧客データをタウンページデータと照合して正規化し、定期的に更新。さらに付加情報を加えてデータをリッチ化させます。これによってデータにもとづき意思決定・実行する「データドリブン」の経営をより容易に、正確に行うことができます。


人流DXソリューション


「いつ・どんな人が・どこからどこへ」移動したかを可視化した人流データと、エリア内にある施設情報を活用することで、より的確な宣伝・集客活動ができるようになります。国内約633万件の施設データと2,500万台以上のスマートフォンの位置情報(2021年3月末現在)をもとに、高精度な人流データと施設情報データベースを構築。人の流れに合わせたターゲット設定が容易になります。広告のみならず、競合他社の商圏把握や市街地活性化などの町おこし、防災、報道など、さまざまな分野でご活用いただけます。


ジオターゲティング広告


タウンページデータと人流データを掛け合わせることで、ターゲットの属性(居住地・年齢・趣向など)が明らかになり、効率的な集客が可能となります。データの収集・分析はもちろん、お客様のニーズに合わせた広告セグメントの設定や集客手法のご提案など、一気通貫してサポートいたします。



 

まとめ

 

データはビジネスにおける武器のようなもの。データ収集・分析を行って、はじめて市場で戦えるようになります。一方で情報は量・正確性・鮮度が命です。せっかくデータを収集して分析したとしても、もととなるデータが誤っていたり、不十分なものであったりすると、成果はなかなか現れにくくなります


タウンページデータベースなら、貴社に最適なデータのご提供が可能。データを活用した施策のサポートやデータベースのメンテナンスもお任せいただけます。


ご興味がございましたら公式サイトをご覧ください。資料請求やお問い合わせ(Web・電話)もこちらからお願いします。




メールマガジンでは、タウンページデータベース統計情報をもとにした都道府県別業界ランキングなどの興味深い情報や、ウェビナー開催のお知らせなどをお届けしております。




また、タウンページデータベースではデータ活用のノウハウや経営にお役立ていただける情報をウェビナー(オンラインセミナー)でご提供しております。こちらもご活用いただければ幸いです。






コラム筆者:遠藤 実希子

(2022年3月執筆)


タウンページデータベースのロゴ

データベースにご関心やお悩みがございましたら、

ぜひお気軽にお問い合わせください。