オプトイン/オプトアウトの重要性~あなたの顧客データは大丈夫?



 2022年4月に改正個人情報保護法が施工されたことはご存知でしょうか。

今回施工された改正個人情報保護法の中でオプトアウト規定が厳格化されました。


 

オプトイン/オプトアウトとは

 

 

 そもそもオプトイン/オプトアウトとはなんでしょうか。


 オプトインとは、ユーザーの情報がサービスやデータ利用の対象となることに許諾の意思を示すことです。例えば、メールマガジン配信の配信希望にチェックを入れることや、とあるサイトを訪れた時にCookie情報の取得に同意することなどがあげられます。


 オプトアウトとは、オプトインの反対でサービスやデータ利用の対象となることに拒否する意思を示すことです。例えば、メールマガジン配信の配信停止や広告配信のデータ利用されないよう拒否することなどがあげられます。


 みなさまがさまざまなマーケティング、例えばWEB広告やDM(ダイレクトメール)などで活用されている顧客データはオプトイン、すなわち顧客から利用許諾を得たデータでしょうか。

もし本人の同意なくマーケティングに活用しているデータだとしたら大きな問題につながります。施工された同法に違反した場合は、より重い処罰が課せられることになりました。



【法定刑の強化】

​委員会による命令への違反

​100万円以下の罰金(法人には1億円以下)

個人情報データベース等の不正提供等

50万円以下の罰金(法人には1億円以下)

委員会への虚偽報告等

50万円以下の罰金(法人も同じ)


 オプトイン/オプトアウトの重要性を考慮せずにいると会社の信頼性を大きく欠如させることになります。

以上のことから、出所が明確で、利用許諾を得ている「オプトインデータ」に注目が集まっています。


 改正個人情報保護法については以下のコラムでまとめております。

データ活用見直しポイントなどをまとめた資料のダウンロードも可能ですので、

ぜひこちらもご覧ください。




コラム『【令和4年施行】個人情報保護法改正の内容とマーケティングへの影響』







資料ダウンロード『2022年4月個人情報保護法改正法改正後の変更点とデータ活用の見直しポイント』






 

NTTタウンページのデータベースは

オプトインされたデータ

 

 

 NTTタウンページのタウンページデータベースは、NTT東日本・NTT西日本の電話サービス契約約款*において、

「タウンページ(職業別電話帳)に記載される事項をデータベース化したものを提供する」

旨を規定されており、電話サービス契約者の同意を得ています。

※第98条及び第98条別記7項・13項

NTT東日本・NTT西日本が発行するタウンページの掲載情報をもとにしているのでデータの情報源が明確なため、安心してマーケティングに活用いただくことが可能です。



 

タウンページデータベースができるまで

 

 上記の図をご覧ください。

  1. お客さまから各電話会社へ、電話回線の手続きを依頼します。

  2. 依頼を受けた電話会社は、契約の手続きやタウンページ(職業別電話帳)への掲載確認を行い、データベースシステムに登録を行います。

  3. その後に当社にてタウンページへの掲載を希望されたお客さまにヒアリングを行い、業種分類などを登録します。

  4. こうしてタウンページデータベースのできあがりとなります。

1から4の営みが日々行われているため高鮮度のデータベースとなるわけです。


 新たにマーケティングに着手しようとしているみなさま、その顧客データの安全性や鮮度は大丈夫ですか?

タウンページデータベースにご興味を持たれた方がいらっしゃいましたら以下のリンクからぜひお気軽にお問い合わせください。



↑画像をクリック

データベースにご関心やお悩みがございましたら、

ぜひお気軽にお問い合わせください。



コラム筆者:荘司 紗恵

(2022年6月執筆)



 

メールマガジンを配信しております!


最新!日本全国ランキング ラーメン大好きNO.1は”10年不動”のあの県!」等タウンページデータベース統計情報をもとにした都道府県別業界ランキングや、ウェビナー開催のお知らせなどの最新情報をメールマガジンで配信しています。


メールマガジン配信をご希望の方は、下記からご登録をお願いします。