top of page

来店コンバージョンの計測とは?計測の仕組みやメリット、活用法を解説


人とデータ


 実店舗への集客のためにオンライン広告を出稿していても、どうも効果がわかりにくいと感じていませんか? そもそも、オンライン広告を見て来店した顧客がどのくらいいるのか、その数はどうやって計測すればいいのか、疑問に思っている企業も多いかもしれません。


オンライン広告を見て来店した顧客の数は、「来店コンバージョン」という手法で計測できます。来店コンバージョンを分析に用いれば、オンライン広告の効果を可視化できるうえ、より効果の高いオンライン広告を出稿することもできるでしょう。


ここでは、来店コンバージョンの概要と仕組み、来店コンバージョンの計測はどのような企業に向いているのか、どう活用すれば効果的なのか等を紹介します。








 

来店コンバージョンとは

 

 

 来店コンバージョンとは、オンライン広告を見て、それをきっかけに実店舗に来店した顧客を計測するための仕組みです。オンライン広告が実店舗への来店に対し、どれだけ貢献しているかを図る指標と考えるといいでしょう。


来店コンバージョンの計測が可能なオンライン広告手法として代表的なサービスが「Google広告」です。広告ごとに来店コンバージョンを計測することによって、オンライン広告が実店舗の集客にどの程度効果を上げているのかを知ることが可能です。


来店コンバージョンの計測は、オンライン広告を効果的に運用して改善するために非常に重要なものといえます。


計測するメリット


来店コンバージョンを計測することで、次のようなメリットを得られます。


・ 複数出稿しているオンライン広告について、媒体や内容別に効果を測定できる

・ 計測結果をオンライン広告の改善に活かすことができる

・効果を測定することで、オンライン広告にかける費用を最適化できる


 

来店コンバージョン計測の仕組み

 

 Google広告を利用した来店コンバージョン計測の仕組み、条件、注意点などを説明します。


基本的な仕組み


Google広告での来店コンバージョンの計測には、Googleのロケーション履歴を利用します。


GoogleマップやChromeなどでGoogleにログインし、ロケーション履歴をONにしているユーザーのコンバージョンデータ(匿名)を集計し、それに基づいて全体の人数を推定する仕組みです。


来店コンバージョンは、次の広告で利用できます。


・ 検索ネットワーク

・ ディスプレイネットワーク

・ YouTubeネットワーク



計測の条件


Google広告で来店コンバージョンを利用するには、以下のような一定の条件を満たす必要があります。


・ Google広告で住所アセットが設定され、無効になっていないこと

住所アセットとは広告表示オプションのひとつで、Google広告に店舗の場所、地図、 電話番号などを追加表示できます。



・ ビジネスプロフィールとGoogle広告アカウントの連携

あらかじめ「ビジネスプロフィール」に登録しておき、Google広告の管理画面から住所 アセットとビジネスプロフィールをリンクします。



・ 以下の条件を満たしていること

1. 対象国内で店舗を保有していること

2. Googleビジネスアカウントに各店舗の情報を登録しており、すべての店舗でオーナ ー認証が行われていること

3. 店舗がヘルスケア、宗教、性的なコンテンツ、子供に関連するビジネスなどデリケ ートなカテゴリに該当していないこと

4. プライバシー基準に準拠できるよう、広告のクリック数やインプレッション数と実店 舗への来店数が十分にあること



計測の流れ


1. Googleアカウントにログインし、ロケーション履歴を有効にしているユーザーが店舗 の広告を閲覧・操作します。

2. 広告を閲覧・操作したユーザーが実店舗に訪問します。

3. 実店舗への来店と広告のエンゲージメントが結び付けられます。このとき、データは   匿名化され、プライバシーは十分に保護されます。

4. Google広告にて、来店コンバージョンの推定値が生成されます。



計測の注意点


来店コンバージョンで計測できるのは、あくまでGoogleのデータをもとにした「推定値」です。来店した顧客の実数ではありません。


これは個人のプライバシーを保護したり、取得できない部分のデータを補ったりするためです。



 

来店コンバージョン計測に向いている企業

 

 以下のような企業では、来店コンバージョンの計測を行うことで、多くのメリットが得られる可能性があります。


複数の店舗を展開している企業


複数の店舗を持つ企業であれば、来店コンバージョンの計測に十分な顧客やデータがあると考えられます。

また、店舗ごとに来店コンバージョンを計測する、広告を変化させて店舗ごとの差分を分析するなどして、計測結果を有効に活用できます。



ローカル検索で集客している企業


実店舗型ビジネスでは、ローカル検索で集客している企業も多いでしょう。業種にもよりますが、ローカル検索は比較的検索数が多く、広告表示の機会も多いので、十分なデータを獲得可能です。測定結果がしっかりと出やすく、有効に活用できるでしょう。



オンライン広告に十分な予算がある企業


十分な予算があれば、出稿する広告数も多くなります。測定計測を活用してオンライン広告を改善することで、多数のオンライン広告を効果的に運用できます。



・オンライン広告の運用を自動化している企業


来店コンバージョンの計測値を自動入札の学習データとして利用できます。それによって、Google広告の自動入札で精度の高い入札価格の調整が可能です。







 

来店コンバージョンをアップさせるために効果的な広告運用とは

 

 来店コンバージョンは、実店舗への集客を計測する手法です。そのため、オンライン広告ではエリアマーケティングと組み合わせたジオターゲティング広告を配信・運用するとさらに効果的です。


エリアマーケティングとは、地域に密着したマーケティングのことで、ジオターゲティング広告とは、スマートフォンの位置情報をもとにした行動履歴でユーザーをターゲティングして広告を配信することを指します。


ジオターゲティングでは、ユーザーのセグメント分析を行います。例えば、朝と夕方に保育施設に来訪しているユーザーを「子育て層」、高級住宅エリアに居住して比較的金額の高いスポーツジムやスーパーマーケットを利用しているユーザーを「富裕層」と推定します。セグメント分析によって、よりターゲットに合った、効果的な広告を打てるのです。


人々の所在・移動をもとにした人流データを広告配信に活用することで、より効率的で効果的な広告配信を行い、来店コンバージョンのアップにつなげることができます。






 

来店コンバージョンを計測して店舗への集客アップにつなげよう

 

 実店舗への集客のためにオンライン広告を配信している企業なら、来店コンバージョンの計測は非常に重要といえます。計測することで、現在配信しているオンライン広告がどの程度効果があるのか、オンライン広告を見て来店する顧客がどの程度いるのかを可視化できるからです。計測結果をもとにオンライン広告を見直し、集客アップに役立てることもできるでしょう。


また、人流データを組み合わせてジオターゲティング広告を運用すると、より効果的です。店舗に近い顧客、店舗のターゲットとなる顧客を把握して広告を配信することで、より効果的・効率的な広告配信を行い、来店コンバージョンアップにつなげることができます。そのためには、より精緻なターゲティングを行える広告配信システムがあると効果的です。


NTTタウンページの「ジオターゲティング広告」は、位置情報データの移動履歴にNTTタウンページ独自の施設情報(地点情報)を掛け合わせることで、より詳細なターゲティングが可能です。さらに、来店コンバージョン計測と組み合わせてより効果的に運用することで、集客アップにつながるでしょう。


実店舗への集客アップやオンライン広告の効果測定など、オンライン広告での集客に関する課題の解決に役立てられます。ぜひご検討ください。



なお、ローカル検索ではGoogleビジネスプロフィール(GBP)の充実も重視されています。ローカル検索ではGoogleビジネスプロフィールが上位表示されることが多く、Google広告同様に集客面での重要性が高まっています。


NTTタウンページでは、Googleビジネスプロフィールの登録・管理代行も行っています。Googleビジネスプロフィールでの集客をお考えなら、ぜひご検討ください。



※Google広告はGoogle LLC の商標です。      


2023年10月執筆







 

メールマガジンを配信しております!

「最新!日本全国ランキング ラーメン大好きNO.1は”10年不動”のあの県!」等タウンページデータベース統計情報をもとにした都道府県別業界ランキングや、ウェビナー開催のお知らせなどの最新情報をメールマガジンで配信しています。


 

データベースにご関心やお悩みがございましたら、

ぜひお気軽にお問い合わせください。



Comments


bottom of page