top of page

ジオターゲティング広告で顧客セグメンテーションを最適化!




いまやエリアマーケティングによる集客にも、WEB広告の活用が欠かせません。それらをより効果的にターゲット層に届けるためには、セグメンテーション=目的に応じた顧客や市場の分類・細分化が必須です。


この記事では、高精度なセグメンテーションをかなえる「ジオターゲティング広告」の仕組みと優位性、個人の属性情報(ユーザーの性別・年齢・職業・所得・家族構成など)や、WEB上の行動履歴に基づいたセグメンテーションとの違いを解説します。


エリアマーケティングについては活用事例をまとめたE-bookをご用意しております。

※会社名、メールアドレス、ご担当者名など全5項目の入力でダウンロードが可能です。


 

ジオターゲティング広告の仕組みとは?

位置情報と人流データでセグメンテーションを最適化

 

ジオターゲティング広告とは、スマートフォンなどから取得した位置情報をもとに、ユーザーの行動や趣味嗜好に沿ったWEB広告を配信できるサービスです。その仕組みは、スマートフォンから得られるGPSデータ(位置情報)と、エリアの店舗や企業の地点情報を掛け合わせることで、特定の商圏や行動に基づいた広告を配信できるようにするものです。


ジオターゲティング広告の仕組みについて詳しく知りたい方は、ジオターゲティング広告の仕組みを解説!高精度なターゲティングで効果的に広告を配信のコラム参考にしてみてください。


これがなぜセグメンテーションに適しているのかというと、従来型の属性情報などに基づいたセグメンテーションと比べて、よりユーザーの実際の行動履歴や現在位置に基づいた広告を配信できるからです。

例えば、「JR新宿駅が最寄り駅の企業が派遣社員を募集する」場合、従来のターゲティング広告では

「東京都23区内、埼玉県西部、千葉県北西部に居住する、20~40代の男女」

といったセグメンテーションになるところを、

「JR新宿駅でよく乗り降りする、フルタイム(または時短勤務)で働く20~40代の男女」

といったように絞り込めます。


さらにJR新宿駅の沿線のユーザーや、就業してもらいたい業務に適性があると思われるユーザー(ファッション業界なら、自店舗や競合店舗でよく買い物をするユーザーなど)に広告配信することもできます。


やみくもにWEB広告を打つのではなく、御社のサービスに興味がある、または御社の人材募集に適性がある、と思われるユーザーにピンポイントで届けられます。また、上記のようにセグメンテーションの要素を追加することで、より高精度なジオターゲティング広告が可能となります。



 

ジオターゲティング広告で可能なセグメンテーション

 



 上述したように、ジオターゲティング広告では従来のWEB広告よりも高精度なセグメンテーションが可能です。ユーザーの年齢や性別・職業・居住地・家族構成といった属性情報だけでなく、実際の行動履歴や位置情報に沿った分析ができるため、日々の行動から読み取れる生活ニーズに合った広告配信ができるのが強みです。


 ここで言う「行動履歴」とは、WEB上のサイト閲覧履歴や購買履歴だけではなく、実生活で買い物をした店舗や乗り降りした駅、通勤・通学圏といったものをさします。

ジオターゲティング広告では、それらを活かしたリアルな広告配信ができるのです。



ジオターゲティング広告で可能な広告配信の事例


①自社から半径〇km以内にいるユーザーにのみ広告を配信

②競合店への来店履歴があるユーザーにのみ広告を配信

③ある地域の主婦層に、自社の求人広告を配信

④〇〇大学に通っている学生に、自社の会社説明会の広告を配信



ほかにも「〇〇区に通勤しているビジネスパーソン」「〇〇エリアが生活圏の富裕層」といった人々を、位置情報をもとにセグメンテーションして、特定の対象に響く広告配信ができます。例えば上記①~④のセグメンテーションでは、以下のようなジオターゲティング広告が効果的でしょう。



①特売やタイムセール、当日のみ開催のイベントなどの広告

②競合店の顧客を自店舗に誘引するための広告(割引クーポンや、競合店の主力商品の対抗商品など)

③該当地域の短時間勤務の派遣社員や、パートタイムの人材募集

④優秀な学生を他社に先んじてリクルート



 

効果的なジオターゲティング広告の事例と、

成功のための秘訣

 

さらに、これまで述べたジオターゲティング広告の特長をいかして、以下のようなピンポイントな広告戦略も打てます。


例えば、


①高精度なセグメンテーションを要する「人材派遣業の募集(地域・職種・技能・雇用形態など)」

②顧客の嗜好性が細分化した「観光業の集客」

③正確な位置情報と人流データが肝となる「不動産業の広告」


といったジオターゲティング広告です。


 ここで重要なのは、「新鮮かつ精度の高いデータベースを用いる」こと。さらに情報量が豊富で、それらが日々更新され続けていることが必要です。なぜなら「データが古い・少ない・出どころが不明(精度が低い)」といった難のあるデータベースを用いても、セグメンテーションは成功しないからです。


 例えばNTTタウンページの「タウンページ データベース」なら、*約812万件・1900業種の事業所データ×140以上のスマートフォンアプリから取得した位置情報によって、セグメンテーションを最適化できます。*2022年3月末時点


 事業所データはNTTタウンページに登録された信頼性の高い情報で、さらに年に12回データを更新。そして約812万件の事業所データのうちの、6割は法人格のない個人事業主などのデータなので、他社のデータベースでは網羅しきれないBtoBやBtoCの施策を打てます。


 そして140以上のスマートフォンアプリからは、正確な位置情報と人流データを取得できます。そのため見込み顧客にさらにピンポイントに届く、「攻め」の広告配信が見込めるのです。つまり、上記①②③の具体例で言うと、


①東京都多摩エリアで暮らす医療系の資格を持つと思われるユーザーに、同エリアの医療人材派遣業の広告を配信

②群馬県の温泉地によく旅行するユーザーに、群馬県の温泉旅館限定の旅行プランを案内

②JR大宮駅に通勤しているユーザーに、埼京線沿線の不動産の広告を配信


といった詳細なターゲティング広告の配信が可能になります。


 

まとめ

 

ジオターゲティング広告で、ターゲット層に届く広告配信をかなえる


 ジオターゲティング広告は、このように「地域・業種・生活圏・嗜好」などで詳細にターゲット層を絞り込めます。この特長と、従来の属性情報によるターゲティング広告への優位性を知って活用すれば、より高精度な広告配信やマーケティング、人材採用などが可能になります。


 ジオターゲティング広告を成功させるポイントは、繰り返しになりますが、情報量が充実した精度の高いデータベースを用いること。「データが古い・少ない・精度が低い」といったサービスを利用しても、せっかくの顧客セグメンテーションが不正確になってしまいます。


 既存のセグメンテーションよりもさらにターゲット層を絞り込めて、効果的にPRできるのがジオターゲティング広告の魅力。ポイントとメリットを押さえたうえで、攻めの広告配信のためにぜひご検討ください。




2023年2月執筆



 

人流データ・施設情報活用戦略についての資料もご用意しております。ぜひこちらも合わせてご覧ください。




 

地方自治体の課題解決に人流データを活用した解決事例を紹介しております。

ぜひご覧ください。


 

メールマガジンを配信しております!

「最新!日本全国ランキング ラーメン大好きNO.1は”10年不動”のあの県!」等タウンページデータベース統計情報をもとにした都道府県別業界ランキングや、ウェビナー開催のお知らせなどの最新情報をメールマガジンで配信しています。

 

データベースにご関心やお悩みがございましたら、

ぜひお気軽にお問い合わせください。


bottom of page