電話番号や住所だけじゃない!タウンページの保有データを活用したマーケティング戦略




データマーケティングの活用


データの活用について


データを活用して、分析やマーケティングを行っている企業が増えています。

総務省の「デジタルデータの経済的価値の計測と活用の現状に関する調査研究」のグラフを見て頂くと、多くの企業が社内データを活用されているのが分かります。企業が保持している社内データは、今までに年数をかけ、手間をかけ集めた重要なデータですが、社内データだけでは、情報が少ない、情報が古い、もっと豊富なデータ(情報)、新しいデータを手に入れたいと考える企業も多いのではないでしょうか。

外部データを活用している企業は増えており、特に「製品・サービスの企画、開発」、「マーケティング」といった分野では約30%以上の企業が「外部データを購入」してます。

そこで、外部データを購入といっても活用方法のイメージが余りわかないという方に、タウンページのデータには、どのような情報があり、どのように活用できるのかを紹介したいと思います。



総務省(2020)「デジタルデータの経済的価値の計測と活用の現状に関する調査研究」

※(出典)総務省(2020)「デジタルデータの経済的価値の計測と活用の現状に関する調査研究」

タウンページの保有データにはどのような情報がある?


タウンページ(職業別電話帳)のもつ情報といえば、みなさんはどのような項目を思い浮かべるでしょうか

「会社名(店名)」「電話番号」「住所」 以外に何かあるの?と思う方も多いと思います。

実はタウンページデータベースでは、下記のような属性情報を保有しています。

 ・会社名(店名)

 ・電話番号

 ・住所

 ・職業分類

 ・営業時間

 ・休業日

 ・URL

 ・Email

 ・座席数

 ・法人番号

 ・代表者名

 ・資本金

 ・従業員数

このように、タウンページデータベースでは、「会社名」や「電話番号」だけでなく、様々な情報を保有しています。

 それでは、タウンページデータを活用して、どのようなマーケティングができるのか、具体例をみてみましょう。  



ラーメン(製麺業のデータマーケティング活用例)


製麺業の場合


ご存じの方もいらっしゃると思いますが、タウンページは企業やお店が職業別に分類され掲載されております。

このタウンページが独自に定めた職業分類(約1900業種)が、特定の職業をターゲットにしたい場合には、とても役に立ちます。

例えば、「製麺業」の販路開拓で営業をかける際の、営業リストでは次のようなポイントが重要です。

■ターゲットの絞り込み・・・営業をかけたい範囲内(関東圏など)親和性が高い業種を選定(ラーメン店、そば・うどん店、レストラン、イタリア料理店など)その他に席数、営業時間などの属性情報を活用

■豊富な情報量・・・業種で絞り込んだ時にデータが少なくては、意味がありません。網羅性が重要です。

■最新情報であること・・・データが古いと、営業がコンタクトをとった際に、すでに廃業しているなど非効率です。

上記ポイントを抑えることで「麺」を定期定量的に使用する可能性の高い飲食店に絞り込み、かつ網羅的なリストが構築できます。さらに、席数から消費量、営業時間からアプローチのタイミングを設計することも可能です。

これにより、営業稼働の効率化につながり、生産性向上が期待できます。





タウンページのデータを活用したマーケティングについて

タウンページの保有データについて


いかがでしたでしょうか。

タウンページの保有データを活用した一例を紹介させて頂きましたが、マーケティングができることを感じて頂けましたでしょうか。

タウンページの保有データは、電話番号と住所だけでなく、様々な情報を保持しており、その中で必要なものだけ抽出しご提供することができます。

タウンページの保有データは、タウンページデータベースとして、約815万件(※)のデータを保有しております。約815万件のデータのうち、約508万件(※)に営業時間、定休日、URL、代表者名や資本金、売上高、など、最大全28項目の付加価値情報を保有しております。

また日々データを更新していますので、新鮮なデータを維持しています。

※2021.3時点 タウンページ㈱調べ

※データの鮮度についてはこちらをご覧ください

こんなことできる?こんなデータがあればいいのに、と思われたら、一度ご相談ください。

データ活用の方法も含めて、ご提案させて頂きます。


コラム筆者:本間 奈穂


タウンページデータベースロゴ

データベースに関することでお悩みがございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。