AdobeStock_220900730.jpg

​case5

​顧客データベースの表記を統一し、CRMの質を向上させたい

【解決ポイント】

・弊社のクレンジングノウハウとタウンページデータベースを活用することで企業マスター整備
・タウンページデータベースおよび弊社保有の付加情報により、企業マスターを充実化

企業マスター整備にはクレンジングノウハウと網羅性、
正確性を備えたタウンページデータベースを活用

CRM運用中など下記の事象により企業マスターの品質が低下したというご経験はございませんか。

 

・新規データ追加時の入力ミス
・入力ルールの不整合
・複数の出所から入手したデータの形式不一致
・企業の廃業・移転によるデータの空洞化

 

また、企業マスターを正規化する際のクレンジング方法や補完する基礎データでのお悩みはござませんか。

顧客データベースの定期最新化により営業ロス削減を実現

タウンページデータベースは全国633万件※の事業者情報を網羅し、登録情報を一件一件コンサルティングした正確な情報が特徴です。
この情報にクレンジングした御社のマスターデータをマッチングさせて、マッチデータの情報補完、アンマッチデータの回線調査、ホワイトスペースをご提供することで、データ整備を実施します。
また、クレンジングにおいては過去30年ほどのアーカイブ情報から市町村合併による住所表記の統一化など
タウンページデータベースならではの強みを生かしたメンテナンスを実施いたします。

​※2020年6月末現在

企業マスター整備におけるタウンページデータベース活用案

(活用例:B to Bサービスにおける顧客データの拡充)

販売情報から得た顧客データ(企業情報)とタウンページデータベースをマッチング。マッチした顧客データにタウンページの1,900業種※から該当業種を付与することで同業種へのマーケティングを可能にします。また、弊社保有の付加情報を追加し、データ拡充が可能です。
※ 2020年6月末現在

ご希望の地域と業種を入力すると潜在顧客の数を把握できます。

オンライン見積り・お申込みサービスはこちら

ターゲット

をいますぐ

Check