AdobeStock_432254872.jpeg

自社データを最大限活かしたDX(デジタルトランスフォーメーション)化にタウンページデータベースが役立つ?

コロナ過でビジネスのDX(デジタルトランスフォーメーション)化が急速に進んでいますが、ビッグデータを「事業の可視化を促すデータ」として、業務の付加価値向上や効率化、業務支援への有効活用を検討する企業が少しずつ増えてきました。

しかし、現状は「DX化に取り組むのに何から手をつけたらいいだろう?」「そもそもデータを活用して何ができるんだろう?」と悩んでいる方も多いのでは。

社内のDX化を推進するうえで、業務フローの最適化によるコスト削減やマーケティングに活用するベースデータの正規化など、自社の持つデータを最大限活かすためのデータ整備は重要課題です。

その課題解決のために活用できるタウンページデータベースの特徴をご紹介します。

目次

1.データを活用した業務効率化のカギは自社データの見直し

・今の課題解決にデータ活用

・DX化への取り組み、はじめの一歩

・なぜ自社データの見直しが必要なのか

2.業務支援・効率化を実現する自社データの更新方法

・データマネジメントのポイント

・データの正規化(クレンジング処理)

・マッチングによる最新化

・データのリッチ化

3.自社データをマネジメントして業務効率化

・地図システムとの連携による有効活用

・顧客満足の裏側にデータ整備

・付加情報で自社のノウハウを最大活用

4.業務支援・効率化にもタウンページデータベースを

データを活用した業務効率化のカギは自社データの見直し

AdobeStock_200924254.jpeg

今の課題解決にデータ活用

業務のDX化を進めるうえで「データ」は不可欠な要素です。

自社で保有するあらゆるデータは、顧客の重要な情報だったり事業推進上のデータだったりと、長年集積してきた社内ノウハウの塊です。これらの膨大なデータを活用するのはもちろんのこと、自社で有するデータだけでなく社外データを積極的に組み合わせることで、社内のDX化につながる基礎データとして活用することも可能になります。

データの使い方は、同じデータでもアイディア次第で無限の可能性が広がり、これまで顕在化していなかった課題が見えてくることも考えられるのです。

※この記事は登録者専用です。

以下のフォームよりご登録いただくと、続きをお読みいただけます。

インタビュー記事はこちら

業務効率を引き上げる

自社データのメンテナンス

タウンページDBロゴ_2段.png

ご希望の地域と業種を入力すると潜在顧客の数を把握できます。

オンライン見積り・お申込みサービスはこちら

ターゲット

をいますぐ

Check

タウンページデータベースの詳細は、ホームページをご覧ください。

データベースに関することでご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ
0800-800-5463 (無料)
受付時間:平日9:00~17:00
定休日:土・日・祝日、年末年始(12/29~1/3)
※電話番号をお確かめのうえ、お間違えのないようお願いいたします