top of page

CRMマーケティングとは?メリットや活用方法などをくわしく解説



現代のビジネス環境において、顧客ニーズの多様化と複雑化が急速に進んでいます。こうした状況下で、顧客満足度の高いサービスを提供するには、一人ひとりのニーズを的確に把握し、適切なアプローチを行うことが     必要となってきます。そこで注目されているのが、「CRMマーケティング」です。

CRMマーケティングとは、CRM(顧客管理ツール)を活用して顧客情報を管理・分析し、その知見をマーケティングに生かすことで、顧客のニーズに合わせた商品やサービスを提供する手法です。顧客と良好な関係を築き、顧客満足度やLTV(顧客生涯価値)の向上を図れるため、利益拡大につなげることができます。


本記事では、CRMマーケティングの概要や重要性、メリット、施策を行うためのポイントについて詳しく解説します。





 

CRMマーケティングとは

 

CRMマーケティングとは、CRMを活用し、顧客情報を収集・分析することで、顧客一人ひとりのニーズや特性に応じたアプローチを行うマーケティング手法です。




CRMマーケティングの重要性

近年の少子高齢化による市場縮小や顧客ニーズの多様化などにより、新規顧客の獲得が困難になっています。このような状況下で、企業はリピーター確保の重要性を認識しつつあります。リピーター確保のためには、顧客一人ひとりのニーズを的確にとらえ、最適なアプローチを行うことが必要不可欠です。


そこで注目されているのが、CRMマーケティングです。CRMに蓄積された顧客データを活用し、デジタルマーケティングと組み合わせることで、継続的な顧客分析とパーソナライズされたアプローチが可能になります。これにより、顧客満足度と顧客ロイヤルティの向上、ひいてはリピーター率の上昇が期待できます。

このような背景から、CRMマーケティングの重要性は高まりつつあります。



 

         CRMマーケティングのメリット

 

CRMマーケティングを行うことで得られるメリットを紹介します。


顧客満足度の向上

CRMマーケティングでは、顧客一人ひとりのニーズや好みに合わせたアプローチを行うことが可能です。顧客データを活用し、個々の相手に最適な商品やサービスを提案することで、顧客は自分に寄り添ったサービスを受けていると実感でき、満足度の向上が期待できます。


売上の向上

顧客満足度が向上すると、顧客はブランドに対する信頼性を高め、製品やサービスを継続的に購入することが期待できます。また、好意的な口コミを投稿して、新規顧客の獲得にも貢献するでしょう。

このように顧客との長期的な関係を構築し、LTVを最大化することで、安定的な売上成長を実現できます。


業務効率の向上

CRMの導入により、顧客データの一元管理と分析の自動化が可能となり、業務効率の大幅な改善が期待できます。例えば、必要な顧客情報へのアクセスや部署間での情報共有がスムーズになり、情報検索に費やす無駄な時間を削減できます。こうした効率化により、営業担当者は顧客との関係構築により注力でき、生産性の向上にもつながるでしょう。



 

       CRMをマーケティングに活用する方法

 

CRMで集積した顧客データは、以下のような手法でマーケティングに活用できます。


ペルソナ設定

ペルソナ設定とは、製品・サービスの理想的な顧客像を具体的に描写することです。年齢、性別、職業、趣味、悩みなどの情報を詳細に設定し、あたかも実在する人物のようにイメージします。これにより、ターゲットとなる顧客のニーズや行動パターンを深く理解し、的確なマーケティング戦略を立てることができます。

CRMの情報をもとにペルソナ設定を行うことで、データにもとづく、より精度の高いターゲティングが可能です。効果的な製品やサービスの開発・提供、ひいては顧客満足度や売上の向上につながります。


STP分析や4P分析

STP分析とは、セグメンテーション(S)、ターゲティング(T)、ポジショニング(P)の3要素をもとに行う分析手法です。市場を細分化し、ターゲットとする市場を選択し、自社の立ち位置を明確化します。

この分析により、自社が提供する価値を最も必要としている顧客層を特定し、その顧客層に効果的にアプローチができます。


一方、4P分析は、製品(Product)、価格(Price)、流通(Place)、販促(Promotion)を分析し、マーケティング戦略を策定する手法です。STP分析で明確にしたターゲット顧客に対して、4Pの最適な組み合わせを考えることで、具体的なマーケティング施策を立案できます。

CRMの情報をもとにこれらの分析を行うことで、より顧客理解を深掘りでき、精緻なターゲティングやセグメンテーションが可能となります。


既存顧客へのマーケティング

CRMを既存顧客へのマーケティングに活用することで、顧客との関係を強化でき、顧客ロイヤルティとリピート率の向上が期待できます。顧客の過去の購買履歴や行動データを分析し、一人ひとりの嗜好やニーズを深く理解することで、パーソナライズしたアプローチが可能になります。あわせて継続的なコミュニケーションを図ることで、顧客との関係を深められるでしょう。

また、顧客の声やフィードバックなどもCRMで管理することで、より顧客に寄り添った新商品の開発や改善に努めることができ、顧客満足度の向上につながるでしょう。






 

       CRMマーケティングを成功に導くポイント

 

ここでは、CRMマーケティングを成功に導くポイントを紹介します。


目標の明確化

CRMマーケティングを始める前に、明確な目標を設定することが重要です。例えば、顧客満足度の向上、リピート率の向上、新規顧客の獲得などです。目標を数値化し、達成までの期限を設定することで、施策の効果を測定しやすくなります。


スモールスタートでの実施

CRMマーケティングは、顧客データの統合や分析など、多岐にわたる要素を含むため、導入にはコストと時間がかかる場合があります。そのため、全社一斉の導入ではなく、特定の部署や顧客層を対象に、小規模で始めることが重要です。

小規模で始めることで、効果検証やノウハウの蓄積がしやすくなり、失敗のリスクを最小限に抑えられます。また、スピーディに動けるため、早期の成果を示すことができ、組織内の理解と協力を得やすくなります。


高品質なデータベースを用意

CRMマーケティングの基盤となるのは、顧客データベースです。このデータベースの品質が低ければ、セグメンテーションや個別アプローチの精度も下がり、施策の効果は限定的になってしまいます。

そのため、データの正確性・鮮度・信頼性を確保することが重要です。定期的なデータクレンジングを行い、高品質なデータベースを維持する必要があります。

自社で顧客データベースの品質管理が難しい場合は、外部から購入する方法もあります。





 

CRMマーケティングを行うことで最適なアプローチが可能になる

 

CRMマーケティングとは、顧客データを活用し、一人ひとりのニーズに合わせたアプローチを行うマーケティング手法です。CRMマーケティングを行うことで、顧客満足度と顧客ロイヤルティの向上や、売上増加、業務効率化が期待できます。


CRMマーケティングを成功させるポイントとしては、明確な目標設定や段階的な導入などがありますが、より意識が必要なのが、高品質な顧客データベースを用意することです。顧客へのアプローチ精度を左右するため、高品質なデータベースが必要になります。自社でデータベースの用意ができない場合は、外部の専門家から購入することをおすすめします。


NTTタウンページの「タウンページデータベース」は、毎月更新されるため鮮度が高く、NTT東日本・NTT西日本のタウンページ掲載情報をもとにした信頼性の高いデータがそろっています。高品質なデータベース取得を検討している場合は、ぜひ一度ご相談ください。




2024年7月執筆




 

メールマガジンを配信しております!

「最新!日本全国ランキング ラーメン大好きNO.1は”10年不動”のあの県!」等タウンページデータベース統計情報をもとにした都道府県別業界ランキングや、ウェビナー開催のお知らせなどの最新情報をメールマガジンで配信しています。

 





データベースにご関心やお悩みがございましたら、

ぜひお気軽にお問い合わせください。



ความคิดเห็น


ปิดการแสดงความคิดเห็น
bottom of page